レーザーライトは、多くの国で夜間自転車に義務化されている前方に向かって白い光をはなつ機能に加え、緑色の絵柄をおよそ6メートル前方の地上に映し出すという特別な機能を備えています。


なぜ緑色?

レーザーライトの絵柄を描くのに緑色が選ばれたのは、緑色の波長が人の目にとって最も見えやすい波長だからです。具体的には、最も見えやすい波長は532nmであり、レーザーライトではその波長にとても近い530nmの光を使用しています。


安全に関する認可

製品としての認可についてですが、わたしたちはレーザーライトが人間の体、建造物、その他のもの対して害を及ぼさないと証明する必要があったため、いくつものテストを行いました。数ある試験の中には、レーザーが虹彩から目に入った場合の網膜に対する影響を見るものもあり、レーザーライトはそれをクリアしています。


CEテストは人体やその他の物品に対する製品の安全性が試験済みで安全であることを示すものです。このCEテストはレーザーはもちろんバッテリーなどレーザーライト製品に含まれるパーツの安全性を証明しています。

製品としては、商品を販売するために必要なすべての規制に合致かさらに優秀であることを示す「信頼性テスト」にも合格しています。このテストには防水テスト、塩吹付けテスト、落下テスト、振動テストなどが含まれます。


レーザーライトのレーザー光は「クラス3R」に準拠していますが、すべてのレーザーと同じく使い方によっては体に害を与える可能性はあります。けれどもこのレーザーは一般消費者が使用して安全であると承認されており、さらにDOE(自転車の絵を描き出すためのパーツ)によってレーザーの持つエネルギーはより広いエリアに拡散されているので、人間の視力にダメージを与える可能性は大きく低下しています。


この件についてより詳しく知りたい場合は、どうぞ遠慮なく直接ご連絡ください。喜んでお返事いたします!